December 25, 2017

ケチくさくなってきた

ケチくさいというか、小賢しいというか、この頃のこの国の食べ物や飲み物は、どうも少しずつさりげなく、しかし確実に小さく少なくなってきている印象があります。
少し前、ついに「牛乳パック=1L」という不変かと思われていた法則(元々、厳密には1Lに少し足りていませんでしたが)さえ崩壊しました。

スナック菓子なんかも、個体は小さく容量は少なく、500mlと思い込んでいるジュースのペットボトルも実は490ml、あるいはもっと少なく、と微妙にケチられ、あらゆるものが一回り小さくなって、むしろそのことが余計に貧乏臭さを感じさせます。

消費者離れを恐れて製造側は値上げができないから容量を減らして価格を維持しているのでしょうが、正直、逆に印象が悪いです。
お菓子なんか、袋の大きさは一丁前なのに中身がスカスカとか、いやらしさしか感じません。
いっそのこと、「もう、ちょっと無理です、値上げします」と潔く値上げして大きさや量を維持する方が「損して得取れ」で、長期的には良い気がします。

例の牛乳パックやペットボトルの少量化は、食べ物以上に、さらに小賢しさを感じます。
というのも、いちいち「利便性を追求した」系の「持ちやすくしました」だの「注ぎやすくしました」だのといった言い訳を後付けしてくるので、一層タチ悪に感じてしまうのです。
食べ物の縮小化も「食べやすくしました」と、さも消費者のためのように恩着せがましい理由づけをしてくることが多く、そのわざとらしさには白けてしまいます。

値段を上げなければ提供できず、そのことが理由でそれまで売れていたものが売れなくなってしまうのなら、そういう絵を描いている連中の頭の中にある全体的な設計図そのものが間違っているということだと思うので、「描きなおす」という選択肢も視野に入れた方が良さそうです。

自動車なんて余計な機能をてんこ盛りにして、図体も大きくして、素直に値上げして、その結果「売れない売れない」と騒いでいますが、多分それは正しい姿です。

もっとも車の場合、アメリカで売られている日本車の値段を知ったら「日本のメーカーのくせに自国民の足元を見やがって」とアホくさくなってくると思いますが。

November 26, 2017

復活

主にゲルインクのボールペンを使っている時に、まだインクはたっぷりと残っているのになぜか全然出なくなってしまうことがあります。
これまで、そういう事態に陥ると、またか、という感じで、もったいないけど仕方ない、と、そのままポイしていました。
たいていのペンは100円程度ですし。

しかし、ちょっと前に、人とこの手のインクが出なくなってしまったボールペンの話をしていたら、「絶対じゃないけど、かなりの確率で復活させられる方法があるよ?」と言われ、やり方を教えてもらいました。
で、実践したら、見事にペンが復活しました。

その方法とは、「リフィルのケツを咥えて息を吹き込みながらしばらく適当に書く」というものです。
つまり、一旦ボールペンの軸からリフィルだけを取り出し、ペン先ではない尻の方を咥えてその筒の中に息を吹き込みながら、紙に適当にぐるぐると線などを描いてペンを走らせろ、というわけです。
要は筒の中のインクを空気でペン先へ押し出すようにする感じです。
リフィルを咥えて書くなんて見た目的に格好はかなり滑稽ですが、これが驚くほど効果的で、結構すぐにそれまで詰まっていたインクが出るようになります。
それで、再びインクが出るようになったら、もう空気を吹き込む必要はないので、元通りにボールペンを組み立てて、完了です。
あとは普通に使えます。


まあ、ペン先が潰れてしまっていたり、機構的にどこか壊れてしまっていたりする場合はもちろんもう駄目でしょうが、特に理由もなくインクが詰まってしまった程度なら、この方法で結構呆気なく復活すると思います。

October 21, 2017

おそるべし

今更と言われそうですが、最近、アルカリ電解水の威力には驚きました。
いろいろと室内を掃除したのですが、想像以上の洗浄力で、「おそるべし」という感じでした。
見た目は単なる「水」なのに、汚れている部分にシュッと吹きつけて5秒ほど待ち、おもむろにウエスで拭うと、見事なまでに綺麗になり、感動しました。
マイペットみたいなものでも、確かに綺麗になりますが、何せこちらは「水」なので、ベタつきなどは一切ないし、二度拭きはいらないし、嫌なニオイもありません。

いつもホームセンター等で大々的に売られているのを見てはいたのですが、(本当にそんなに綺麗なるのか?)と疑念が拭えず、いつもスルーしていました。
しかし先日、イオンのお客様感謝デーで五分引きだったので、試しにボトルを買ってみたのです。
そして使ってみた結果、大満足だったので、もうすぐに一本は使い切ってしまい、詰め替え用を買ってきました。

このアルカリ電解水は、室内でも大活躍ですが、何気に車の中でかなり使えます。

普段からそんなに汚くはしていないつもりだったのですが、この電解水で窓やインパネなどを拭くと、想像以上に汚れていて、愕然となりました。

September 25, 2017

アルミテープ

「ちょっとした施工で車の性能を引き出す(らしい)」という小技を最近知ったので、試してみました。

それは「車体の各所にアルミテープを貼る」というかなりオカルトチックな小技です。
約一年ほど前にトヨタから発表され、一気に広まったらしいのですが、最近になってその存在を知りました。

それがどういうものかは、「アルミテープチューン」とかで検索するといくらでもサイトがヒットするので、まだ知らなくて興味が湧いたのなら、調べてみると、よくわかると思います。

ただ、手元にアルミテープがなかったので、ホームセンターで買ってきました。
百均でも良さそうだったのですが、なんかすぐ剥がれるとか書かれているサイトが多かったので、一応ちゃんとしたものを入手し、ダイソーのギザギザハサミ(これは既に持っていた)でカットして、ペタペタ貼りました。

ちなみに、最も一般的とされている場所にとりあえず貼ってみました。
ステアリングコラムの下、フロントガラスの下部の角、前後のバンパー、そんな感じです。
フロントガラスだけは外から見えてしまうので、ちょっと小っ恥ずかしい感が拭いきれないものの、まあ許容範囲です。
バンパーは、もともと自車は前も後ろも横もスポイラーが付いているので、厳密にはフロントはその下部に貼り付けました。
リアは、手を突っ込んでバンパーの裏側です。

それで、肝心な効果のほどですが、よく言われている「タイヤの接地感が高まる」という感じは、なんとなくありました。
具体的には、交叉点をゆっくり徐行で左折する時とか、モールの駐車場等で、超低速で止まったり曲がったりと細かく繰り返し動くとき、ステアリングが安定するというか、ふわふわしない感じがありました。
ただ、「プラシーボじゃないの?」と問われたら、否定はできません。
あと、まだ高速道路を走っていないので、スピードを出した時の挙動は不明です。


まあ、かなり怪しい話ですが、フロントガラス以外は外から見えないし、テープを貼るだけなのでお金もかからないので、しばらく貼りっぱなしにしておく予定です。

August 25, 2017

9時と10時の間

PMではなくAMの話ですが、午前中の9時と10時の間には何か断層のようなものが存在するのではないか、といつも感じています。


もちろんこの感覚は個人的なものですし、生活パターンによってその断層的なものの感覚は変わってくるかと思いますが、自分の場合、どうしても9時と10時の間に断層を感じます。


それはどういうことかというと、時計を見た際、「9:00」だとまだ「朝だな」と感じますが、これがたった一時間進んで「10:00」を過ぎてくると「そろそろ昼だな」と思ってしまうのです。

実際には10時過ぎから正午まではまだ二時間近くあるのですが、気分はもう昼になってしまうのです。

わかりやすく説明すると、例えば、9時半の予定ならまだ「朝」寄りなのですが、「10:30」の予定となるともう感覚的に「昼」寄りになってしまうのです。


理由はわかりません。

こういう断層的な感覚は、なぜか午後は全く感じません。

例えば「14:30」の予定も「16:30」の予定も、単なる「午後」という括りです。

断層は午前中の9時と10時の間にだけ存在します。

July 19, 2017

嫌になってきた

先日、「さすがにもういい」と思う出来事がありました。

カップ麺を食べた時のことです。


日頃からレギュラーサイズのカップヌードルをよく食べている方なのですが、いつも微妙にボリューム的に物足りなく感じていました。

そうしたらある日、スーパーの棚に「ビッグ」より大きな「キング」という、かなり大きいサイズがあるのを見つけ、確かになかなかの大きさだったので、食べてみるか、と思って買いました。

でも、まだその時点では舐めていました。

確かに容器が大きいことは大きかったのですが、基本的にカップ麺って量的にはどれもケチくさいイメージがあるので、「キングといっても大したことないだろう」と思っていたのです。


しかし、結果的にその感覚は間違っていました。

その「キング」は、食べていて途中で嫌になってきました。

確かに量が多く、腹の足しとしては十分に満足できるレベルで、完食はしましたが、食べていてとにかく飽きてきたのです。

味は普通にカップヌードルなので、不味くはないのですが、食べている最中から「満腹でもう食べられない」という充足感ではなく、「もうこの麺はいいや」という投げやりな気分になってきました。

そして食べ終わったとき「やっぱり普通のサイズでいいや」と思いました。

多分もう二度と「キング」は買わないと思います。


別に不味いわけでははありません。

というか、普通に美味しいです。

ただ、食べていると飽きてくるのです。

そして「もうやめて」という気分になってきます。


ちょっと前にペヤングの超大盛りを食べた時にも「もう二度と食べない」と思いましたが、あのときはただ超満腹になりすぎただけで「麺に飽きる」という感覚はありませんでした。

June 22, 2017

どうにかならないものか

別に全然たいしたことではないのですが、常々「どうにかならないものか」と思っていることがあります。


それは筆記具の、ドクターグリップのグリップについて、です。

昔からドクターグリップが好きで、学校に行っていた頃も大人になってからも愛用しているのですが、いつからかグリップ部分の素材がイマイチ気に入らなくなりました。

あまり記憶は確かではないのですが、最初の頃のグリップ部分はもっと硬かった気がします。

それがいつからかそのラバーが柔らかくなったと思うのです。

もちろん、握り心地は良くなったと思います。

実際、今のものの握り心地はすこぶる良いです。

滑りにくいし、適度な弾力性があって、疲れません。

しかしただ一つだけ、どうしても気に入らない点があるのです。


それは、とにかく埃が付きすぎる、ということです。

そんなに汚くもない机の上で普通に使っているだけでも、定期的にセロテープやマステやガムテみたいなテープ的なものをグリップ部分に貼り付けて除去しないと、埃にまみれてザラザラになってしまいます。

そしてその状態は、非常に気持ち悪いです。


なのでいつも、世界に誇る日本の技術でボールペンのグリップ部分のラバー素材くらい埃が付着しにくいようになんとか改良できないものなのか、と思うのです。

May 15, 2017

キープ

グーグルのメモ、Google Keepって、思っていた以上に使い勝手が良くて、今のところかなり気に入っています。

ガッツリと調べ物をして保存しておきたいとか、Webクリップとか、そういう用途にはイマイチ不向きっぽいけれど、適当に電話とタブレットとラップトップで同期させておきたいメモなら、かなり便利です。

ウェブサイトの画像やテキストも保存できるし、付箋的なメモとしてなら、色とかタグとか見やすいし、シンプルで使いやすいです。

買いたいモノや行きたい場所、録画したい番組など、そういう一時的なメモなら、これで充分。サクッとメモれて、サクッと見られます。


まあ、フォントを変えたり、テキストの色を変えたりはできないっぽいけれど、むしろそういう機能はない方が簡単でいいかもしれない、という感じです。

凝ったことをしたいなら、evernoteとか、アプリは他にありますし。


ただ、このKeepは、Macのアプリが、クロームのオフラインしかないことがネックです。

グーグルってiOSのアプリはいっぱいあるけれど、Macのアプリって、ドライブ以外、たぶん無い気がします。

もっともグーグルとアップルはライバルみたいなものなので、仕方ないかもしれませんが、クロームアプリを廃止するなら、Macのアプリも「無料」で出してほしいところです。


逆に、今のところMacにしかデスクトップアプリがなくて、結構使い勝手の良いノートアプリが、zohoのノートブックです。

Webクリップに若干クセがあるっぽいけれど、これも端末の数の制限なく、タダでiPhone、iPad、Macで同期できて便利だと思います。

April 11, 2017

あまり

好きではないものの一つに「ゆるキャラ」があります。

べつに「嫌い」というわけでもないのですが、ほとんど興味が湧きません。

最初に考えた人たちは天才だと思いますが、これだけ増えてくると、あまりに多すぎというか、発想が安易すぎると感じるからです。

なんだか、町おこし的なことを考える際に「とりあえずゆるキャラを作っとけ」みたいな薄っぺらい思惑が透けて見えてしまうのです。


それでも、例外的に、好きな「ゆるキャラ」もいます。

それは「せんとくん」と「くまモン」です。

理由は不明ですが、なぜかこの二人は、妙に琴線に触れてくるのです。

ゆるキャラ界の開拓者というか、ブームの立役者である「ひこにゃん」もなかなかですが、個人的に猫が得意ではないので、ちょっとイマイチです。

その点、せんとくんは独創的ですし、くまモンは可愛いです。

まあどちらもゆるキャラ界ではレジェンド級のAクラスなので、ありきたりといえばありきたりなのですが。


いったい日本全国にどれだけのゆるキャラがいるのか知りませんが、これだけうじゃうじゃいると、どこへ行っても何かしらのキャラがいて、正直なところ内心「またか」という気分になります。

March 14, 2017

ひと昔前との違い

一昔前と現在で違うものなんていくらでもあると思いますが、身の回りにある物で、割と簡単に気づくものがあります。

それはカバン類です。

リュックでもブリーフケース的なものでも何でもいいですが、一昔前のものと今のものでは明らかに違う部分があります。


その部分とは、携帯電話を入れるためのポケットの大きさや形状です。

一昔前のものは、いわゆる折りたたみ式のガラケーがすっぽりと収まるサイズになっていますが、今はスマートフォンに合わせてあり、全体的に大きくなっています。

以前の携帯電話は「進化=小型化」でしたが、今はむしろ「進化=大型化」です。

なので今の鞄にガラケーを入れる場合は、多少スペースが余り気味になるもののまだ入るのでマシですが、昔の鞄の電話用のポケットには、下手するとスマートフォンは入りません。


今後、電話はどんどん巨大化していきそうなので、昔の鞄の電話用ポケットは、電話以外のものを入れるために使うしかなさそうです。

既に現状で、その手のスペースは、目薬やミントや頭痛薬のシート等といった小物を入れるポケットになっていたりします。